代表あいさつ

野生動物や有害生物の専門家、かわほりプリベント代表の山岸淳一と申します。

私の屋号のかわほりとは、コウモリの古語です。昔の人はコウモリのことをカワホリ(カハホリ)と呼んでいました。平安時代の歌にもカワホリは出てきますし、蕪村も「かはほりや むかひの女房 こちを見る」と詠んでいます。

なぜコウモリを屋号にしたの?と聞かれるんですが、それはコウモリが大好きだからです。コウモリ好きが高じて屋号をつけてしまったというわけです。コウモリを予防する(プリベント)という意味で、これには人間とコウモリがうまく共存していってほしいという願いが込められています。

長野県にいるすべてのコウモリたちは昆虫を食べて生きています。(血を吸うコウモリは長野県にはいません)。コウモリは大食漢で、例えば松本や安曇野の街中でも見られるアブラコウモリという種類は一晩で数百匹もの昆虫を食べてしまいます。どんな虫を食べているのかなーなんて糞を溶かして調べていると、どんどん昆虫を調べることになります。そのうち「コウモリを知るには食べられている昆虫を知らなくてはならない」と言い出して、今では完全にドツボです。

長野県って自然豊か。だからみなさんのすぐ近くにいろんな生き物が住んでいるわけです。ともに長野県で住む仲間とも言えます。

そんな野生動物や虫たちも、人間との距離が近すぎると、有害になってしまいます。コウモリは特にその典型で、暗い夜に空を飛んでいる分には、全然問題とならないんです。でも、それが住宅に住みついたり、休憩場所に使われてしまうと、いろいろな被害が出てきます。糞尿被害、異臭、寄生するダニ、糞がダスト化することによるアレルギーや呼吸器系への影響、感染症への不安……。

人間の生活空間に野生動物が入ってきて、距離が近くなってしまうと問題となってしまうのです。私はそれをなんとかしたい。

コウモリにしても虫にしても鳥にしても、駆除ばかりではなく、人に悪影響を及ぼさない範囲で予防できれば一番いいと思うのです。それがお互いのためにも一番いいと思うのです。そのために提携専門機関と連携しながら日々研究を重ねています。

かわほりプリベント代表 山岸淳一

 

事業概要

代表者山岸淳一
所属学会日本昆虫学会
日本ペストロジー学会
日本哺乳類学会
屋号かわほりプリベント
事務所所在地〒399-0711長野県塩尻市片丘10387-3
問い合わせ電話番号090-9668-1975
080-7736‐4008
事業内容有害生物の駆除・調査・対策立案
有害生物対策及び害虫駆除に関するコンサルティング
セミナー・研修会などの講師
案件紹介取次サービス
関連資材の開発・販売