かわほりプリベントのコウモリ対策

まずは長野県のコウモリについて

長野県には10数種のコウモリが生息しているといわれています。そのうち人家に住み着くことがあるコウモリはわずか3~4種です。私がご依頼を受けていくとほとんどはアブラコウモリ(家コウモリ)ですが、まれに他の種類のコウモリもいます。長野県のコウモリの半分くらいの種が絶滅が危惧される種ですので、目視とバッドディテクター(コウモリ探知機)で種を判別してから追い出し駆除を行っています。(下の写真は住処にしていたベランダの隙間から私に引っ張り出されたアブラコウモリ@駒ヶ根市)

人家に住み着くコウモリとは

私が長野県で人家に住み着いたのを確認したのはアブラコウモリ、ウサギコウモリ、ヤマコウモリです。県外ではヒナコウモリの事例があるので、他の種も住み着くことがあるかもしれません。夜に市街地をヒラヒラと飛んでいるのは、ほぼアブラコウモリです。この写真がアブラコウモリです。大きさは10円の倍くらいですね。ほんとうに小さいコウモリです。このコウモリは虫しか食べません。別名家コウモリと呼ばれ昔から人家に住むことが多かった種類です。糞尿を大量にするため汚してしまうことが多いので嫌われてしまいます。

まずはお問い合わせからご相談ください。コウモリ対策の専門家として出来る限り効果的な対策をご提案いたします。